企業インタビュー/トップバイヤーが選ぶ今、注目のブランド品3選/【ペンギントレード】Part1

企業インタビューシリーズ/リユース・買取業界専門の転職サービスを行うリユース転職が普段聞くことができない、経営層や人事責任者の方にインタビューを行い、事業の特徴や求める人材について本音でお話を伺います。

第8回は、株式会社ペンギントレードの代表 佐藤佑一様にお話を伺いました。

※以下の内容はインタビュー動画Part1の内容になっています。


【トップバイヤーが選ぶ今、注目のブランド品3選 その①】

リユース転職 山口 :

今日は株式会社ペンギントレード様の本社にお邪魔しております。

ペンギントレード様は、高級ブランド品・ヴィンテージ商品に特化したリユース企業です。2018年の創業以降、企業から仕入れて企業に販売するというBtoBビジネスで年商50億円に急成長しています。

こちらはショールームですね。たくさんの品物がありますね。
今日はペンギントレードの社長でもありトップバイヤーでもある佐藤佑一さんに、注目のブランド品を3つを紹介していただこうと思います。

よろしくお願いします!

株式会社ペンギントレード 佐藤社長:

はい、よろしくお願いします!

では早速紹介していきますね。
これはみんなが予測しないブランドだと思うんですが、山口さんこれなんのブランドかわかりますか?
※画像

リユース転職 山口:

これですか?サマンサタバサ..?ですか?

株式会社ペンギントレード 佐藤社長:

ちょっとそれはブランド素人ですね、山口さん。

リユース転職 山口:

すみません、私ブランド全然詳しくないんです・・・

株式会社ペンギントレード 佐藤社長:

これは「フェラガモ」ですね。

今、アザーブランドが熱いんです。
高級ブランドというと、メインはやはり、シャネルやエルメス、ルイ・ヴィトンとかですよね。その次に、フェンディやディオール、バレンシアガとかプラダとかが人気なんですが。

フェラガモは、ブランド的にはその次という位置づけで、私たちは「アザーブランド」と呼んでいるんですが。ブランドの2次流通(中古市場)ではフェラガモはまだそんなに人気がないんですよ。

定価はそれなりに高いんですが、2次流通(中古市場)だと過小評価されているんですね。

なので、 仕入れ価格がおさえられるというメリットがあります。例えば、この商品は2万円で仕入れをしているんですが、売価でいうと12〜13万円位で売れたりします。

リユース転職 山口:

へー!つまり、このブランドが好きな人が結構いるということなんでしょうか?

株式会社ペンギントレード 佐藤社長:

はい、そうなんです。
メンテナンスや販路選定など、「ちゃんとした売り方」をすれば、いい値段で売れると考えています。同業他社はこうしたアザーブランドは儲からないからと意外と扱わないんですよね。なので、おすすめブランドという意味では、利幅も大きくおすすめですね。

リユース転職 山口:

なるほど!参考になりますね。

【トップバイヤーが選ぶ今、注目のブランド品3選 その②】

株式会社ペンギントレード 佐藤社長:

次は、「ボッテガべネタ」ですね。
※画像

実はこのブランドが最近、良いなと思っているんです。以前までボッテガって40~60代の男性が持っている長財布のイメージがありませんでしたか?

リユース転職 山口:

あー長財布ですね、、、確かに男性も持ってますよね。

株式会社ペンギントレード 佐藤社長:

最近はちょっとおしゃれブランドになったというか、別に元々おしゃれじゃないというわけではないのですが、ここ数年でイメージがだいぶ良くなった印象があります。そのため、ブランドの特に、初期〜中期ぐらいの商品は、今まで3〜4万円ほどだったんですが、今は10万円近くまで相場が上がってきています。売価も、以前は7万円でも売れなかったんですが、今は20万円近くで売れたりするので、「利益」という面では、まだまだ幅があって面白いブランドじゃないかなと思います。

リユース転職 山口:

そうした現象というのは、例えばブランド側が商品のブランディングを変えたりするのも影響しているんですか?

株式会社ペンギントレード 佐藤社長:

もちろん、めちゃくちゃ影響すると思います。

ブランドホルダー(ブランドの所有者、その企業や組織のこと)側が、ブティックのデザインやロゴを変えると、セレブがinstagramなどのSNSで取り上げるという現象がおきます。その影響で、一気に2次流通(中古品)の相場が高騰したりします。
そうして2次流通の商品が品薄になってくると、今度はそのタイミングでブランドホルダー側が定価を上げたりするんです。
すると、さらに今まで目も付けられていなかった商品がまた人気が出て品薄になったりするので、バイブランド品は物の価値が上がり続けている状態なんですよ。

リユース転職 山口:

そうなんですね!

【トップバイヤーが選ぶ今、注目のブランド品3選 その③】

株式会社ペンギントレード 佐藤社長:

さて、次ですね。弊社でもよく取り扱うシャネルですが、シャネルに関しては、皆さんカバンに注目しがちなんですが、実は「アパレル」が面白いんです。

山口さん、シャネルのツイードのミニスカートがあるんですが、その定価いくらか知ってますか?

リユース転職 山口:

えっと、ミニスカートの定価ですよね?
3万円くらいですか?

株式会社ペンギントレード 佐藤社長:

なんと、ミニスカートの定価は70万円です。
ミニスカートが70万円するんですよ!

リユース転職 山口:

え!本当ですか?布の量と金額が合ってない感じがします笑

株式会社ペンギントレード 佐藤社長:

そうなんですよ、そのぐらい人気があって価格が高騰しているんです。
昔はおそらくシャネルのアパレルというと、10〜20万円とかなんなら10万切るような商品もあったと思うんですが、今はインフレの影響もあって定価が上がっていっています。

ブランド側もイメージを上げていこうという戦略もありますし。
今、定価でセットアップを買おうと思ったら、200〜300万円くらいしますね。

リユース転職 山口:

200〜300万円・・・車買えるじゃないですか。

株式会社ペンギントレード 佐藤社長:

そうなんです。例えば、この黒いシンプルなシャネルのニットの仕入値は4万円なんですけど。
※画像

リユース転職 山口:

シンプルですが、ボタンの部分にシャネルのロゴが入っていて、さりげなくおしゃれ感を演出できますね。
こちらの売値はいくらですか?

株式会社ペンギントレード 佐藤社長:

これは売値で20万円くらいしますね。

リユース転職 山口:

え!!

株式会社ペンギントレード 佐藤社長:

びっくりしますよね、シャネルのアパレルはすごい値上がり幅がありますよね。
売値との差額も結構あるので、バイヤーとしてはおもしろい商材だと思いますよ!

リユース転職 山口:

なるほど!バイヤーとしてもこうした情報を自分で仕入れて売り買いをしていけるようになると仕事がおもしろいですよね。
新しい情報ばかりで、大変勉強になりました!ありがとうございました。


■ペンギントレードの求人情報はこちら

※動画はこちらからご覧いただけます。

https://youtu.be/qxuw_SkYewo